理想の住まいを実現する為にエクステリアにこだわる

住宅の入り口

屋根工事の方法と費用

工事の内容や費用

戸建住宅における屋根工事は、破損している屋根材の修理や交換、または屋根全体の交換によっておこなわれます。部分的な修理や交換の場合は、その箇所の多さにもよりますが、費用は10〜20万円ほどで済みます。しかし全体的な交換となると、大掛かりなリフォーム工事となるので、100〜150万円ほどの費用がかかります。 新しく使用する屋根材によっても、工事の費用は異なってきます。比較的安価なことから人気が高いのがスレート瓦で、1枚あたり4〜5千円が相場です。また、耐久性が高いことから人気があるのがガルバリウム鋼板で、相場は1枚あたり6〜8千円です。耐久性が高い上、日本的な魅力があることからも人気のある和瓦は、1枚あたり1〜2万円が相場となっています。このように、屋根材自体の価格に大きな開きがあるので、工事費も違ってくるというわけです。

葺き替えとカバー工法

屋根全体におこなう工事の場合、方法は大きく分けて2種類あります。古い屋根を完全に撤去して新しく取り付ける葺き替えか、古い屋根の上から重ねるように取り付けるカバー工法です。 葺き替えの場合は、屋根材だけでなく、その下の防水シートやコンパネごと、全て新品になるところがメリットです。また、取り付けの際に梁や柱のメンテナンスもあわせておこなわれるので、住宅の耐久性はより一層高くなります。 カバー工法の場合は、古い屋根を解体せずに済む分、工事がスピーディに進むところがメリットです。解体によって出る廃材の処分も不要なので、その分工事費が葺き替えよりも安くなります。 このように、どちらの工事方法にもそれぞれのメリットがあるのです。